2823円 【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×30個 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 痔の薬 第二類医薬品 第 2 類医薬品 新商品!新型 2g×30個 ボラギノールA注入軟膏 2823円 【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×30個 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 痔の薬 第二類医薬品 第 2 類医薬品 新商品!新型 2g×30個 ボラギノールA注入軟膏 2g×30個,/churchiness2062323.html,garneauchiropractic.dreamhosters.com,【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏,2823円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 痔の薬 , 第二類医薬品 2g×30個,/churchiness2062323.html,garneauchiropractic.dreamhosters.com,【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏,2823円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 痔の薬 , 第二類医薬品

第 2 類医薬品 新商品 新型 2g×30個 人気上昇中 ボラギノールA注入軟膏

【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×30個

2823円

【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×30個



商品説明■4種の成分が総合的にはたらいて痔による痛み・出血・はれ・かゆみの症状を改善します。
   酢酸プレドニゾロンが出血・はれ・かゆみをおさえ リドカインが痛み・かゆみをしずめ   ます。
 またアラントインが傷の治りをたすけ組織を修復すると共に ビタミンE酢酸エス   テルが血液循環を改善し 痔の症状の緩和をたすけます。
■肛門の内と外 両方の痔に使えるタイプです   肛門の内と外の痔(内痔核 外痔核 裂肛)に   内の痔には注入 外の痔には塗布して使用できます
効能・効果いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
用法・用量成人(15歳以上)は1回1個を 1日1~2回 ノズル部分を肛門内に挿入し 全量をゆっくり注入してください。
または1日1~3回 適量を患部に塗布してください。
 なお 一度塗布に使用したものは 注入には使用しないでください。
成分・分量
1個(2g)中
・酢酸プレドニゾロン・・・1mg
・リドカイン・・・60mg
・アラントイン・・・20mg
・ビタミンE酢酸エステル・・・50mg
 (酢酸トコフェロール)
添加物
 白色ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、モノステアリン酸グリセリン
注意事項■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
 (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)本人または家族がアレルギー体質の人。
 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,  この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
 (1)使用後,次の症状があらわれた場合
  [関係部位:症状]
   皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
   その他:刺激感,化膿
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けること。
  [症状の名称:症状]
   ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん,浮腫,   胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,   冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
 (2)10日間位使用しても症状がよくならない場合。
保管及び取り扱い上のご注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(5)使用済みの容器は,トイレに流さないこと。
内容量2g×30個
メーカー武田薬品工業株式会社
広告文責有限会社起福
TEL:072-626-3399
区分第2類医薬品

【第(2)類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×30個

メディア

東京大学 大学院 理学系研究科・理学部が定期的に発行する広報誌からの記事を紹介しています。

東京大学 理学系研究科・理学部に入学を希望する方へ

理学部、各学科・専攻について、進路選択のため情報を提供しています。

研究教育組織一覧

研究教育組織一覧

専攻

理学部関連全学センター