DD-797,garneauchiropractic.dreamhosters.com,1/700,クッシング【オンライン限定】,フレッチャー級駆逐艦,ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 駆逐艦,/Hanoverianize997657.html,アメリカ海軍,769円,ウォーターラインシリーズ 1 700 超定番 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 クッシング フレッチャー級駆逐艦 オンライン限定 DD-797 769円 1/700 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 フレッチャー級駆逐艦 DD-797 クッシング【オンライン限定】 ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 駆逐艦 1 700 超定番 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 クッシング フレッチャー級駆逐艦 オンライン限定 DD-797 769円 1/700 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 フレッチャー級駆逐艦 DD-797 クッシング【オンライン限定】 ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 駆逐艦 DD-797,garneauchiropractic.dreamhosters.com,1/700,クッシング【オンライン限定】,フレッチャー級駆逐艦,ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 駆逐艦,/Hanoverianize997657.html,アメリカ海軍,769円,ウォーターラインシリーズ

1 700 超定番 デポー ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 クッシング フレッチャー級駆逐艦 オンライン限定 DD-797

1/700 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 フレッチャー級駆逐艦 DD-797 クッシング【オンライン限定】

769円

1/700 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 フレッチャー級駆逐艦 DD-797 クッシング【オンライン限定】





【 戦艦ミズーリと共に日本の歴史に立ち会った名艦 】 第2次世界大戦中アメリカ海軍で175隻もの同型艦が作られた傑作駆逐艦が基準排水量2000トンを超えるフレッチャー級です。1942年から44年にかけて建造され、アメリカ海軍の主力駆逐艦として太平洋艦隊、大西洋艦隊のそれぞれに配備され、連合軍の勝利に貢献しました。そんなフレッチャー級の1艦が1944年に就役したDD797クッシングです。クッシングは実戦経験をふまえ航空攻撃に対する兵装の強化や視界の効くスクウェアブリッジの艦橋を採用した後期型となっているのが特徴。5基の12.7cm砲を装備し、53mm5連装魚雷発射管のほか、40mm連装機銃5基、20mm単装機銃7基を装備していました。1944年の配備から台湾空襲やレイテ沖海戦などに参加、終戦後は戦艦ミズーリなどと共に東京湾に入港し、日本の降伏文書調印式に参加して歴史にその名を残したのです。

【 模型要目 】 ●日本の連合艦隊と相まみえた歴戦のアメリカ海軍駆逐艦DD797クッシングを1/700スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。 ●フレッチャー級後期型の特徴であるスクウェアブリッジはもちろん、対空兵装強化のために船体中央両舷や艦尾に設けられた機銃座なども精密にモデル化。 ●5門の12.7cm砲をはじめ、対空機銃、魚雷発射管、爆雷投射機などの兵装も密度あふれる仕上がり。 ●レーダーアンテナなどシャープなパーツが駆逐艦の引き締まった雰囲気を醸し出します。 ●艦ナンバーや艦尾に掲げる星条旗もスライドマークでセット。 ●さらに、アメリカ海軍独特の幾何学的なカモフラージュ、メジャー迷彩もパッケージ背面のカラー塗装図と説明図でわかりやすく解説しました。

<お届け>
ご注文頂いた商品は、土・日・祝日を除き、通常、ご注文後10~14営業日でのお届けとなります。ゴールデンウイーク、お盆、年末年始などは発送までの日数に含まれません。
クリスマス等の繁忙時期や、メーカーの営業日によって若干遅れる場合もございます。

<注意事項>
「本商品は不良品を除いて、返品・交換は原則不可となります。」

こちらの商品は配送日時指定、当日出荷の対象外商品となります。

※この商品はメーカー直送商品です。
※お支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。代引き決済を選択された場合、事前連絡なしにキャンセルになりますので、予めご了承ください。
※ご注文確定後の注文内容の変更、キャンセルはお受けしておりません。
※対象年齢がある商品については目安となっております。
※実際の商品と画像は若干異なる場合がございます。

パッケージサイズ
幅10×奥行き22.5×高さ3cm


1/700 ウォーターラインシリーズ アメリカ海軍 フレッチャー級駆逐艦 DD-797 クッシング【オンライン限定】

「sure it is」の意味、読み方、使い方

霜月は何月?意味と読み方、由来、別名、あいさつでの使い方を解説

日本語

英語

心理

おすすめ記事

最新記事